海田悠 / 「經營者の肖像」

こんばんは。
久しぶりの投稿です。

今日で2012年も折り返しだそうですね。
早いものでもう半年です。今年の目標は旅行に行くこと、
まだ沖縄に数日行ったきりです。海外に行きたいなぁ。

今回の投稿は、海外旅行とは全く関係ないのですが
海田悠写真展「經營者の肖像」
CANON GALLERY S(6/15~7/2 日祝休館)

品川で仕事があった帰りに偶然立ち寄りました。
実は、恥ずかしながら海田悠さんのことを存じ上げなかったんですが・・(^^;
よく見る経営者の写真がずらーっと並んでいるのに惹かれて 入りました。

日本を代表する経営者の肖像81点を展示し、
その経歴と、座右の銘、それに”3.11への寄稿”を紹介しています。
3.11への寄稿は、やはりコメントが難しいのか、
寄稿されている方と、写真だけの方と2通り有りました。

写真は全て和紙にプリントされたとのことで、薄暗い空間の中に
スポットライトが当たり、名経営者たちの座右の銘を見ながら
静謐で刺激のある時間を過ごせます。
当たり前だけど、それぞれの性格が、コメントと座右の銘に出ていて
社長のキャラクターを感じます。
この会社はこんな方が経営をやってるんだ、と純粋に興味を持てます。
日頃から、個人の人間性が仕事の成果とチャンスに結びつくと考えている僕には、
やはりリーダーの人間性って大事ですね!と納得させられる内容でした。

正直、イベント当日は仕事がバタバタしていて、
非常にテンパっていたのですが、ここで30分ほど写真と経営者のコトバに
魅入って、逆に仕事のモチベーションを充電するいい機会になりました。

経営者のリストはこちら

海田悠さんの公式サイト
http://www.kaidayu.net/profile/index.html

日本の一流と言われる企業の経営者を相手に、
その良さというか、なんとも言えない表情と素の部分を引き出すのは
カメラのスペックでも技術でもないんだなと実感。
ノンフィクションにも通じる、相手のコアな部分を引き出し、
それをアウトプットする技術に、芸術(アート)というより
ジャーナリスティックな感心を持ちました。
こんな風に撮られたら、被写体である経営者もグっと心を掴まれ、
新鮮な驚きがあるんだろうと思いました。

入場無料なのでオススメです。
しかし、ゲーセワな僕は、
この経営者たちの肖像を、誰がどの並び順と決めたのか・・・・
とどうでもいいことが気になりました。

http://cweb.canon.jp/gallery/archive/kaida-portrait/index.html

 

為末大

こんばんは。
久しぶりの投稿です。

今日はサッカー日本代表戦、バレーボールオリンピック予選、
ユーロ2012開幕・・・とスポーツイベント目白押しなのですが、
陸上の日本選手権が2011年6月10日(金)~6月12日(日)で行われています。

個人的には中・高と陸上部だったこともあり、陸上大好きなのです。
なのでオリンピックや世界陸上などはダラダラとずーーーっと観続けるタイプ。
2年ごとに来るので、楽しみはつきません。

でも、今日は為末選手の話題。
今日の400m障害の予選で予選2組に登場したのですが
最初のハードルを引っ掛けて転倒したとのこと。
そのまま予選落ちし、引退だそうです。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/text/201206080005-spnavi.html

彼は1978年生まれ、広島市の出身で、五日市中学から広島皆実高校を経て
法政大学というキャリアを通ってきているのですが、中学時代より
陸上会ではチョーーー有名人!
当時あった3種競技B(砲丸投げ・走り幅跳び・400m走)で日本中学記録を打ち立て、
全中(全国中学選手権)でも優勝をしている、同世代のスーパースターです。
以来、高校でも400m走で優勝し、大学時代には400m障害(ハードル)へ転向して、
オリンピック代表になります。高校ではインターハイで一緒した際には、
全国から集まった高校陸上部員からサイン攻めに会うほどの有名人でした。
そんな彼も大学生ではオリンピックに選ばれ、母校の誇り、代表として世界で活躍し、
つくづく縁があるな〜、と思いながら応援していました。

そういった経緯があるからこそ、
2001年のエドモントン世界陸上での3位には本当に心から感動!
さらに2005年のヘルシンキ世界陸上での3位入賞でも勇気をもらいました。

彼もここ数年の走りはやはり往年の勢いがなく、
現役選手なのに解説者として呼ばれる姿には寂しさを感じていました。
twitterなどで評論家のようにファンとコミュニケーションを取る姿を見て
「そうじゃないだろっ!」て勝手に友達のように思って応援していました。

ニュースで知る限り、1台目のハードルで転倒し、それでも立ち上がって完走はしたものの、57秒64で予選落ちとなってそのまま現役引退とのこと。
陸上という選手としての賞味期限が短い、シビアな世界で
10年もトップを文字通り走り続けてきたことに敬意を評し、
今後の彼の別舞台での活躍を見続けていきたいと思いました。
同じ歳のしがないサラリーマンは、自分にも有り得ただろう人生を想像し、
一人酔っ払ってこんな文章を書いてしまいました。
為末選手、本当にお疲れ様でした。
長嶋が引退した時のオヤジの心境ってこんな感じだったのかな・・