海田悠 / 「經營者の肖像」

こんばんは。
久しぶりの投稿です。

今日で2012年も折り返しだそうですね。
早いものでもう半年です。今年の目標は旅行に行くこと、
まだ沖縄に数日行ったきりです。海外に行きたいなぁ。

今回の投稿は、海外旅行とは全く関係ないのですが
海田悠写真展「經營者の肖像」
CANON GALLERY S(6/15~7/2 日祝休館)

品川で仕事があった帰りに偶然立ち寄りました。
実は、恥ずかしながら海田悠さんのことを存じ上げなかったんですが・・(^^;
よく見る経営者の写真がずらーっと並んでいるのに惹かれて 入りました。

日本を代表する経営者の肖像81点を展示し、
その経歴と、座右の銘、それに”3.11への寄稿”を紹介しています。
3.11への寄稿は、やはりコメントが難しいのか、
寄稿されている方と、写真だけの方と2通り有りました。

写真は全て和紙にプリントされたとのことで、薄暗い空間の中に
スポットライトが当たり、名経営者たちの座右の銘を見ながら
静謐で刺激のある時間を過ごせます。
当たり前だけど、それぞれの性格が、コメントと座右の銘に出ていて
社長のキャラクターを感じます。
この会社はこんな方が経営をやってるんだ、と純粋に興味を持てます。
日頃から、個人の人間性が仕事の成果とチャンスに結びつくと考えている僕には、
やはりリーダーの人間性って大事ですね!と納得させられる内容でした。

正直、イベント当日は仕事がバタバタしていて、
非常にテンパっていたのですが、ここで30分ほど写真と経営者のコトバに
魅入って、逆に仕事のモチベーションを充電するいい機会になりました。

経営者のリストはこちら

海田悠さんの公式サイト
http://www.kaidayu.net/profile/index.html

日本の一流と言われる企業の経営者を相手に、
その良さというか、なんとも言えない表情と素の部分を引き出すのは
カメラのスペックでも技術でもないんだなと実感。
ノンフィクションにも通じる、相手のコアな部分を引き出し、
それをアウトプットする技術に、芸術(アート)というより
ジャーナリスティックな感心を持ちました。
こんな風に撮られたら、被写体である経営者もグっと心を掴まれ、
新鮮な驚きがあるんだろうと思いました。

入場無料なのでオススメです。
しかし、ゲーセワな僕は、
この経営者たちの肖像を、誰がどの並び順と決めたのか・・・・
とどうでもいいことが気になりました。

http://cweb.canon.jp/gallery/archive/kaida-portrait/index.html

 

岩国フレンドシップデー

こんばんは。
今年の東京のGWはあまり天気が良くなかったうえに、
最終日に竜巻とすごい天候だったようですね。

ようですね、というのも今年は山口県岩国市で行われた
2012 IWAKUNI FRIENDSHIP DAYに参加してきました!
公式サイト
http://www.mccsiwakuni.com/index.php?p=fd

このイベント、毎年5月に米軍主催で 岩国米軍基地を開放するイベントで、
フレンドシップデー(日米親善デー)と言われ、今年はが2012年5月5日に行われました。
昨年末は東日本大震災の影響で中止になったため2年ぶりの開催ということと、
今年度中に民間の岩国錦帯橋空港が開港(ANAが4往復便/日就航)するため、
来年度以降は民間機の運用の影響で、従来通り戦闘機が自由に飛べないのでは、
という懸念がファンの間で広がったおかげで来場者数は過去最高の28万人超となりました。

入口の憲兵がこんなにたくさんの人は計測できないとのことで、
計測不能になり、8時開場で13:30のゲートクローズに間に合わずに
(つまり基地の中には入れずに)帰った人も多かったとか。

さて、前日からキャンピングカーで泊り込み、
事前のリハーサル飛行を楽しむ方が沢山居て、前日の正午の段階で50台以上の
入場待ち!ナンバーも岐阜に八王子、高知・・・と遠方より来ています。

フェンスを挟んで基地の中はもうアメリカ。

 

 

 

普通に民家が見えます。
ランチは基地内のレストランでいただきました。

 

IWAKUNI BERGER

 

 

 

 

 

レストランで食べた岩国バーガー。これで6$(480円)です。
圧巻はラージピザ!

 

 

 

 

隣のケータイと比べてもらうと大きさがわかると思いますが
かなりのビッグサイズ!!ちなみに10$(約800円)です。
とても美味しいのですが、3切れが限界、、
あとは全員でシェアして食べました。
面白いのは1000円払うとドルでお釣りが来ます^^;

肝心のフレンンドシップイベントは、大盛況!
メインステージには戦闘機と戦車が並び、誰でも触れる位置に
戦闘機があります。しかも米軍の皆様もフレンドリーに記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の自衛隊も負けていません。

 

 

 

 

 

かなりのサイズです。これも並べば内部まで見えるそうです。
すごい人でさすがに並びませんでした。。

とにかく、人が溢れて一時は身動きができなくなり、
身の危険を感じました。歩いてきた人のよると、
駅から車で7分(約2.3km)の道で2時間半かかったとか。。

戦闘機は米軍の飛行ショーのほか、
自衛隊のブルーインパルスも登場して大盛り上がりでした。

 

 

 

ブルーインパルスの航空ショーは初めて生で観たのですが、
その連動感と様式美に感動。
シンクロナイズドスミングを思わせる日本的な編隊飛行でした。
http://www.mod.go.jp/asdf/blueimpulse/program/

対して、米軍は高度規制や諸々がないせいか(雑な説明ですみません・・)
錐揉み飛行にそのまま落下、飛行中に空中でエンジンを切ったり、
また急発進したり、、、とやりたい放題でした。

こども向けにも大きなスライダーや出店が出ていて、
まさに「フレンドシップ デー」。こどもの頃に行ったら強烈な体験になるなと思いました。

1日で30万人を集まるイベントなのに全国的には知名度は低いのが不思議です。
来年は実施するか分かりませんが、とても楽しいイベントでした!