超訳すめらみことひとりごと

16代 仁徳天皇

これはもうどメジャーですね。言わずとしれた仁徳天皇陵。

では、これだけ巨大な墓を死後につくってもらって、
奉られた由縁は、やはり“仁徳”の名に由来するといっても
いいのではないでしょうか。
彼の生前の治世は仁政そのものであったと言われています。

人家の竈から炊煙が立ち上っていないことに気づいて租税を免除し、
その間は倹約のために宮殿の屋根の茅さえ葺き替えなかった、と言う逸話が
記紀に残されています。

仁政を敷き徳のある天皇という事でしょうか。
晩年に評価されるというのは素晴らしい。

16代仁徳天皇

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です