超訳すめらみことひとりごと

14代 仲哀天皇

さぁ、成務天皇でちょっとサボったから仲哀天皇はがっつりいきます。
彼は名前のとおり‘哀’です。それに尽きます。
というわけで、いきなり彼のラストを飾るエピソードです。

ある日、口寄せというのでしょうか、彼の奥さんである神功皇后が
神からのお告げを語りはじめます。

 

「西の方に宝の国(=新羅)がある。これを与えよう。だから韓国を攻めろ!」

 

それに対して、仲哀天皇はお告げを信じずに、

 

「西のほうを見ましたが、海しか見えませんが…。そんなの無理ですよ」

 

と口答えします。

 

で、ちょっと経ったら仲哀天皇は息絶えていました・・・。

 

以上です。

 

 

切ないですねー。神のお告げに逆らったからと言われています。

その後、神功皇后は日本のジャンヌダルクというか男勝りで、
お告げを守り新羅に攻め入ります。
しかもその間、彼女は妊娠していました。それを戦争中に生まれると困るからという理由で、
お腹の上に石を置く事で出産を遅らせ15か月も妊娠したままで過ごしたとか笑

結局、新羅に到達した神功皇后軍は、新羅の国王を屈服させ、その勢いで、
百済、高句麗を攻略し、朝鮮半島を支配下に置き、戻ってくると、
遅らせていた出産を迎え、無事子供を生むのです。

 

これが神功皇后の三韓征伐伝説です。

 

ちなみにこのエピソードは日本書紀にのっており3世紀頃のエピソードとして語られています。

 

3世紀。
そう邪馬台国の時代。 口寄せで神のお告げを聞いた神功皇后・・・・。
日本書記筆者の稗田阿礼は神功皇后=卑弥呼と伝えたかったと思わざるを得ません。

いろいろ繋がるというか時代を照らし合わせると面白い!

14代仲哀天皇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です