超訳すめらみことひとりごと

9代 開化天皇

さぁさぁさぁさぁ!ようやく欠史八代のラストを迎える事ができました。
もうなんだか、億劫でだいぶ更新をさぼっておりました。

ちゃちゃっと纏めてしまいましょう。
さて、開化天皇。何をしたかと言えば、まぁ特にないので、最後の纏めは
欠史八代が何故生まれたか。諸説ありますが最も有力なのは、実は
歴史から欠落している八代ではなく、歴史から抹消された八代であったという事。

元々、日本の前身ともいえるこの島国を治めていたのは“物部氏”の一族であった。しかしながら、蘇我氏との対立などにより勢力を弱めた物部氏は歴史から抹消される事となる。欠史八代は物部氏の一族から后をもらい、物部氏の血筋をひくもの達であったから消されたのである。

ほんとは存在していたかもしれないと思うと物悲しさを感じてしまいます。

というわけで、欠史八代これにて終了。
次の10代崇神天皇からはたくさんの面白いエピソードが待っているはず!

Tennō_Kaika_thumb

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です