超訳すめらみことひとりごと

6代 考安天皇

欠史八代の一人。
というわけでもちろん事積は伝えられていない。
真偽は一旦置いておくとして、考安天皇は、歴代天皇最長の在位期間を誇った。
その期間実に102年。まるまる1世紀を仕切っていた事になる。

102年間・・・。どんだけ長いの。
『古事記』によると123歳、『日本書紀』によると137歳まで存命していたとか。

ちなみに考安天皇は、卑弥呼の義理の弟にあたる。
『魏志倭人伝』に『男弟ありて、佐(たす)けて国を治む』との記述がある。
魏の使者が邪馬台国を訪れた時、卑弥呼は高齢であったとされている為、
政は考安天皇に委ねられていた。

巫女として祈りをささげる義理の姉卑弥呼がいたからこそ、考安天皇は人よりも
長生きしたのでしょう。という事にしておきます。

Tennō_Kōan_thumb

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です