超訳すめらみことひとりごと

4代 懿徳天皇

読みは懿 “い” 徳天皇。
欠史八代の一人なので、またもエピソードが特にない!ない!!
特長はもうこの難しい漢字以外ないと言わざるを得ない。初代読めない名前王。

でも、書く事がないので、御陵について触れてみます。
欠史八代の8名のうち、4名の御陵は奈良県橿原市畝傍山近辺に存在する。
懿徳天皇陵も畝傍山に現在も存在。

畝傍山と言えば耳成山・天香久山とならぶ大和三山の一つ。
大和三山は畝傍山を頂点に二等辺三角形が構成され、平野にぽっかり島のように浮かぶ三山の位置取りは人工での配置としか考えられない!とミステリー好きにはたまらない霊峰である。二等辺三角形の頂点からの延長線上には阿波の剣山やパワースポットとして有名な三輪山に重なるとかなんとか・・・。
実在しないと言われる欠史八代の御陵を畝傍山に集中させた理由は何か。
古代ミステリーの推理はまた別の機会に。

Tennō_Itoku_thumb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です