北アルプス縦走計画2012(折立~上高地)

今年の夏休みの北アルプス縦走計画を立てました。
富山の折立から入り、上高地に下りていく6泊7日の行程です。

1日目は、富山までの移動ですが、2日目~7日目は山の中。
山の中で6日間過ごすのは初めての経験で、しかもソロ山行。のんびり無理せずマイペースで楽しんで来ようと思います。

旅程はこんな感じ。

1日目:富山までの移動日
翌日からの入山に備え、富山市内のビジネスホテルに宿泊します。
富山までは、東京から上越新幹線で越後湯沢まで行き、在来線特急に乗り換えて 5時間ほどで到着する予定です。
折立までの直通バスが富山駅前から出ているため、ホテルも富山駅前に予約しました。(直通バスは、事前予約をしておく必要があるそうです。)
翌日、朝5時発のバスに乗らないといけないため、 地元の居酒屋で早めにごはんを済ませ就寝しようと思います。

2日目:折立~薬師岳(山荘)
早朝5時に富山駅前を出発するバスが、目的の登山口「折立(1350m)」に到着するのが朝7時。それから準備を済ませ、最初の目的地の日本百名山の一つ「薬師岳(2926m)」を目指します。計画では、2日目は、薬師岳山頂手前にある2日目の宿の薬師岳山荘までとしていますが、ペースがよかったら山荘から往復1時間40分で行ける山頂まで行ってみようと思っています。

3日目:薬師岳(山荘)~雲ノ平
2日目に薬師岳山頂まで行けなかった場合は、山荘の朝食前に薬師岳山頂を目指し、山荘に戻ってからの朝食後に日本最後の秘境と呼ばれている「雲ノ平」を目指します。標高2500mくらいの場所にアラスカ庭園やギリシャ庭園など数々の庭園が広がっているとのこと。
これまで写真でしか見たことがなかったのですが、今回の山行で一番楽しみにしている場所です。
そして、3日目は雲ノ平山荘へ宿泊の予定。

4日目:雲ノ平~水晶岳~鷲羽岳~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎
この日は、日本百名山を2座と三百名山を1座。
雲ノ平を背にしながら日本百名山の「水晶岳(2986m)」を目指します。 そして、水晶岳山頂についたら折り返し、もう一つの百名山「鷲羽岳(2924m)」を目指します。鷲羽池を見下ろす景色を楽しんだら、三百名山の「三俣蓮華岳(2841m)」を通り、この日の寝床、黒部五郎小舎を目指します。

5日目:黒部五郎岳~双六小屋
黒部五郎小舎を出て、日本百名山の「黒部五郎岳(2839m)」に登り、折り返して黒部五郎小舎、三俣蓮華岳を通り、天気が悪くなければ「双六岳(2860m)」を通り、双六小屋へ。
黒部五郎岳、双六岳ともい眺望がすばらしいらしく、双六岳は槍・穂高の見晴がいいとのこと。全日程晴れるといいんですが、何とかこの日は晴れてほしい!

6日目:双六小屋~槍ヶ岳~ヒュッテ大槍
2年ぶりの「槍ヶ岳(3180m)」へ。2年前は、上高地から登ったのですが、別ルートからのアプローチ。この日は、時間にかなり余裕がある行程なので、槍の肩でのんびりしてからゆっくりと東鎌尾根をくだり、ヒュッテ大槍を目指します。

7日目:ヒュッテ大槍~上高地~東京
最終日はひたすら下ります。前に槍ヶ岳に行ったときには通らなかった喜作新道から大曲にくだり、上高地を目指すルート。
上高地に着いたらバスまでの時間、6日間の垢を落とすため森のリゾート小梨で入浴して、この山行を締めくくろうと思います。

 

最近は、泊りのときいはテントを担いで行ってたのですが、荷物を分担する相手がいないのと初めてのロングトレイルになるので、荷物をなるべく軽くしたいと思い、小屋泊を選択しました。
朝夕のごはんはもちろん、昼ごはんも小屋の弁当にするので、40Lザックで行ってみようと思います。

今月末から行ってくるので、どんな山行になったか、写真と一緒にこちらで紹介させていただきます。

I hope it will be fine !!

北アルプス縦走計画2012(折立~上高地)” への1件のコメント

  1. 長くて、楽しそうな日程ですね。
    雲ノ平(の写真)は楽しみにしています。

    気を付けて楽しんできてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です